リバウンドしないダイエット方法!野菜より先に食べるものとは?

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 538
ダイエットでリバウンドしない方法、あったら教えて欲しい!そう思うのは私だけではないはずです。
むしろ、
「リバウンド以前に体重が全く落ちない!」
「食事制限をしているのに増える一方だよ!」
大きくうなづける内容です。そんな時、フジテレビ情報番組「バイキング」で元プロレスラーのブル中野さんご自身が経験した3度のリバウンドから学んだ「リバウンドしないダイエット」についてお話しされているのを拝見しました。
そこで、今日は、リバウンドしないダイエット方法について書いていこうと思います。無理な食事制限は体を飢餓状態にし、栄養の吸収を高めすぎてしまいます。下手なダイエットで筋肉が落ちると基礎代謝が減り痩せにくい体になったりします。これがリバウンドの原因です。
これらを防ぐために、今日からできる正しい食べ順と、食事の際にのちょっとした変化で食欲を抑える方法などを紹介したいと思います。

リバウンドする2つの要因

28fd50ba85b4bb60bfad015e6a2b0760_s
どんなに食事を控えても、体重が落ちない、むしろ増えていく・・・これは基礎代謝と無理な食事制限によって起こる飢餓状態に関わっています。
本来、筋肉はエネルギーを消費するので運動をしなくても筋肉がちゃんとあればカロリーは消費されえていくもの。筋肉がしっかりついていて代謝の高い人は食べても痩せないなんていう話、よく聞きますよね。
逆に、筋肉が少ないとどうなるでしょうか?筋肉が少ない分基礎代謝が減り、代謝が落ちると痩せにくい体になっていくの結果的に太る、もしくは痩せにくい体になっていくそうです。リバウンドを繰り返すうちに、痩せにくい体を作ってしまうんだそうです。
また、
何か1種類だけを食べるダイエットや、過度な食事制限もNGです。このようなダイエット方法では、体が必要としている栄養素が十分に摂取できないため、少ない食べ物からとことん栄養を吸収しようという働きが起きます。
食事制限をすることで、体は飢餓状態に陥り、栄養の吸収が高まりすぎてしまうのです。
そこで、食欲を抑えつつ効果的なダイエットを続けていく方法をご紹介したいと思います。まずは、「食欲」を抑える方法です。

食欲を抑えて効果的なダイエットを!

背景3
運動をして、筋力をつけしっかりと栄養をとる。これがベストな方法ですが、食べ過ぎなどで胃が大きくなってしまうと食欲を抑えるのが難しいですよね。
元プロレスラーのブル中野さんは10年間で3回ものリバウンドを経験されたそうです。3回目の頃にはご主人の介護なしには動けない状態だったとか。彼女は胃の切除手術を受けたそうですが、胃を切除してもリバウンドしないという事ではないそうです。
胃は食べれば大きくなっていきますし、切除手術を受けても1年で元の体重に戻ってしまう人もいるんだとか。
そこで、食欲を抑えるために紹介されていたのが「青色」です。
青色?!色がなんだというの?と思う方も多いとおもいます。これにはちゃんとした理由があります。
青い色というのは、興奮などを抑える効果のある色です。落ち着いた雰囲気や癒し、静かなイメージですね。水族館などが想像しやすいでしょうか。逆に、赤い色は興奮を増したり、食べ物を美味しそうに見せる効果があります。
青色は食欲を抑え、興奮も抑えてくれるので食べ過ぎを抑制してくれるそうです。普段の食生活に青い色を取り入れるとすれば、ランチョンマットやお皿を青色に変更するのが簡単かと思います。ブル中野さんはご自身のネイルを青色にしていました!
男性はこの方法が取りにくいと思いますが、色を意識した方法ならすぐにでも試す事ができます。
また、水素水は代謝が活発になり、脂肪が減るという効果もあるそうなので、水素をたっぷり含んだお水は今後大注目ですね。水素水は市販されているものを購入することもできますし、浄水器のように水道に取り付けて蛇口をひねれば水素水が出てくる!といものもあるそうです。
金額的には決してお安くはないですが、ブル中野さんは絶賛されていました。
続いては、以外と勘違いしている人が多い食べ順です。皆さんは食事の際、何から食べていますか?

勘違いしがちな食べ順とは

IMG_5042.JPG
ダイエットをする上での食事は食べる順番が重要です。食べ順ダイエットが流行りだした頃「野菜→発酵食品→肉・魚・ごはん」のような順番で食事をする方法が、テレビなどで紹介されていました。この方法が間違っている!というのではなく、実は勘違いをしている部分がある・・・というお話です。
この食べ順ダイエットは、「血糖値が上がり大量にインスリンが増え、摂取した糖質を脂肪に変え体内に蓄える」というのを避けるダイエット方法ですよね。この糖質ですが、実は一番最初に食べると良いと言われている野菜に多く含まれる事があるんです。
基本的に甘みを感じ美味しいものは糖質が多いそうです。(参考:糖質制限ダイエットバイブルhttp://tst.japan-topics.com/archives/3076
しかし、お肉やお魚は糖質は殆んどありません圧倒的に、野菜から比べれば糖質の量は少ないのです。上記で参考にあげているサイト様でも、糖質の少ない食材についてお肉やお魚が取り上げられています。
また、お肉はたんぱく質が豊富で、基礎代謝を上げるための筋肉作りには欠かせない栄養があります。これらのことからも、お肉やお魚を一番最初に食べるのがいいと言われています。食べる順の例をあげてみますと・・・
  • 野菜サラダ
  • 鶏肉のソテー
  • ごはん
  • フルーツ
のメニューであれば
  1. 鶏肉のソテー
  2. 野菜サラダ
  3. フルーツ
  4. ごはん
の順番に食べることで、血糖値の上昇をゆるやかにすることができます。そうすることで、脂肪を体に溜めにくくすることができるので、ダイエットに成功した人ならば、リバウンドせず現状維持のために、これからダイエットをする人はリバウウンドしにくい体を作るために、食べる順番にこだわってみるといいかもしれません。

スポンサーリンク

最後に

食べる順番に気をつけることや、食事の際のお皿の色をちょっと変えることは直ぐに実行に移せる内容ですし、今までなにをやってもダメだったという人でも手軽に試すことができるものだと思います。筋力アップ、基礎代謝アップを目指し、体に脂肪を蓄えないためにも、食事は肉・魚類→野菜→果物→ごはんの順番で食べること、食事の際にテーブルウェアを青色に変えるということを今日から始めてみるといいかもしれませんね。
スポンサーリンク

関連記事

  1. クールビズ 女性のポロシャツはアリ?ナシ?アリならどう着こなす?

  2. 東京ディズニーシー15周年アニバーサリーはいつから?テーマは希望!

  3. 雪まつりを楽しむ服装は?デートは防寒対策と男性ウケ重視!

  4. お盆玉はいつから始まったの?相場はいくらか知っている?

  5. 敬老の日のプレゼントは?幼稚園でも手作りできちゃう!

  6. ヘアビューザー体験!ドライヤーの効果に一目惚れ?!

  7. 新型プリウスの価格は?納期はいつ頃?

  8. 熱中症に良い飲み物の作り方!経口補水液を作ろう!

  9. ディズニーハロウィン 限定のアトラクションに乗る裏技?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP