羽毛布団のクリーニング!頻度はどれくらいが良い?

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 557

 

羽毛布団はどれくらいのペースでクリーニングに出すのがいいのでしょうか?

毎日使うものですから、なによりも清潔なのが一番ですよね。

でも大きな布団ですから持ち込む手間もあるし、費用のことも気になります!!

そこで羽毛布団のクリーニングについて

  • どれくらいのペースでクリーニングに出すの?
  • 料金はいくらくらいかかる?
  • 宅配や保管のサービスはどう?

という疑問を解決すべく調べてみました!

気持ちの良い睡眠のために是非参考にしてみてくださいね!

では、早速・・・羽毛布団はどれくらいのペースでクリーニングに出すのが良いのか見ていきましょう~。

 

どれくらいのペースでクリーニングに出せば良いの?

 

62d2482689428d6c5eb3bb76c8394fd5_s

「羽毛布団が傷んでしまうので、クリーニングには出さない方がいいよ」

なんて聞いたことありませんか?

「いやいや、やっぱり汚れてしまうものだしケアも含めて頻繁に出した方がいいよ」

なんていう声も・・・本当に迷ってしまいますよね。プロの意見としては

  • クリーニング屋さんの意見では2~3年に1度
  • 布団屋さんの意見では3~5年に1度

がお勧めとのこと。

あまり頻繁にクリーニングしてしまうと、お布団が劣化して長持ちしなくなる原因にもなるそうなので、やはり2~3年くらいを目安にクリーニングに出すのがよさそうですね。

クリーニング自体は、2~3年、少なくとも3年に1回はしっかりとクリーニングに出したいところですが、だからと言って、

日常的なメンテナンスがいらない!しなくてよい!

というわけではないですよね。

汗や皮脂で汚れは目に見えないところでたまっていくものですし、小さなお子さんがいたら、おねしょされちゃった・・・なんてこともあると思います。

日常的なメンテナンスとしては、

  • カバーを洗う
  • お布団を天日干しする
  • お布団を敷いたままにしない

このようなことを忘れずにしてくださいね。

羽毛布団をクリーニングに出す頻度は押さえたとして、気になるのはかかる費用ですよね。

ということで、次に気になる費用のことをご紹介しましょう。

 

料金はいくらくらいかかる?

天秤と青空

クリーニング料金の平均ですが、シングルで4000円、ダブルで5000円が相場ですね。

有名所のクリーニング屋さんの例を挙げると

シングルダブル
白洋舎6000円8000円
ホワイト急便4000円6000円

となります。

あくまで平均なので、もっと安いところも高いところもありますよ~。

 

 

マルハチさんなどは(東京23区、神奈川県横浜市、川崎市)「おうちdeまるはち」というサービスがあります。

購入からクリーニングまで、自宅で済ませられるサービスなんですね。こちらで購入すると、アフターサービスのクリーニングが、シングルからキングまでのサイズでも価格は一律です。

同時に2枚、3枚とクリーニングに出せば、1枚当たりの単価が3200円程になったりもします!ご家族の分も合わせて出したいですね。

期間は2~3週間前後でクリーニングが完了し戻ってくるのですが、オプションで補修をお願いしている場合や、繁忙期などは時間がかかります。

 

 

クリーニングに出す時期の春先や秋口は込み合いそうですね。

これを目安にタイミングを見計らいましょう。

マルハチさん以外にも、特別な加工をしてくれるところや、まとめて出すと割引がきいたりするところもあるので、ご自分の条件に合ったところを探してみると良いですね。

また、クリーニングに出す前に、トラブルを避けるためにご自分のお布団の確認をお願いします!

  • ほつれや傷みなどはないか?
  • 羽毛の偏りはないか?

などなど気になることがあれば相談してみてください。

オプションで直してくれる場合もあるので、必ず羽毛布団の状態をチェックしてからクリーニングに出しましょう。

 

ここまで来れば、あとはふかふかになって戻ってくるのを待つばかり!ですが・・・

「・・・羽毛布団って結構かさばって邪魔なのよね・・・持っていくのも大変だし、引き取るときも押入れを占領しちゃうし・・・」と思いません?

 

大きな布団を店舗に持ち込むのが大変な方、自宅での保管が面倒な方には、宅配・保管サービスなどもありますよ!

 

宅配や保管のサービスはどう?

 

dda721a1fccd23080969d211c0c330f8_s

羽毛布団の持ち運びや収納しておく手間って結構ありますよね?

大きくて持って行くのは大変だし、収納しておくにもスペースを確保しないといけないしで、意外と悩んでしまう方も多いと思います。

そんな方には、宅配や保管のサービスがお勧めです。業者の方が引き取りからお届けまでしてくれるので、とても便利です。

圧縮パックで返却というところも多いので、収納する場合、ご自分で袋詰めする手間が省けそのまましまっておけるという利点もあります。

もちろんスペースを確保できない場合は、保管サービスを利用すれば問題解決ですね。

先ほど紹介したマルハチさんは、最長6か月の長期保管で保管料金1枚当たり1000円です。6か月預かってもらえれば、シーズンが終わってクリーニングに出し、次に必要なときまで十分な余裕がありますよね。

 

 

また、身近なところではイオングループのサービス「カジタク」にも同じように、羽毛布団のクリーニングで最大9か月の保管をしてくれるサービスもあります。

宅配会社が回収し、クリーニング後に指定日に自宅へ届けてくれるので、とても便利ですよね。イオングループの家事に関するサービスは「HomeCoordy」からアクセスするとわかりやすいですよ。

 

 

最近は本当に便利なサービスがたくさんあるので、状況に合わせてご利用されることをお勧めします!

スポンサーリンク

 

羽毛布団はお手入れすれば長く使える!

 

大切なことは、羽毛布団を清潔に保ち気持ちよい眠りに就けることですよね。

日常的なメンテナンスはもちろん、自分ではケアできない部分を専門家にお任せすることも安心できる要素の一つです。

羽毛布団自体の値段にもよりますが、打ち直しなどをすれば一生使っていけるものです。ご自分の羽毛布団とのバランスを考えてクリーニングやメンテナンスを行っていくことが長持ちさせるポイントですね。

ふかふかの羽毛布団で、ぜひ質の良い眠りを手に入れてください!

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. ATMのはしご体験・・・楽天銀行カードがATMで使えなくなった時の対処法!

  2. エポスカードの締め日と支払日はいつ?変更できるの?

  3. 馬油はアトピーに効果あり!?その理由は?

  4. 敬老の日はどんな花を贈る?種類や花言葉の選び方!

  5. 妊娠線の予防は馬油のお任せ!効果があるのにはワケがある!

  6. 加湿器のオススメは?赤ちゃんのための選びかた!

  7. お彼岸のお供えはお寺さんに何をどう渡すの?

  8. お月見団子の由来とは?実は深い意味があった!!

  9. 熱中症に良い飲み物の作り方!経口補水液を作ろう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP