2台購入経験談!室内ジャングルジムは折りたたみが良い?!

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 1032

子供用に室内にジャングルジムを購入するとき、折りたたみ出来るものを選ぶか、そうでないものを選ぶか・・・かなり悩みました。

結果的に、我が家ではジャングルジムを2台購入したのですが、折りたたみ出来るタイプと出来ないタイプのジャングルジムでした。

その経験をもとに子供用に室内ジャングルジムを購入するなら、どんなものがおすすめなのか?購入する際の注意点などについてご紹介していこうと思います。

これからお子様にジャングルジムを購入したいと考えているあなたのジャングルジム選びの参考になるよう、選んだ理由や買い替えた理由をしっかりお伝えしていきますよ〜。

室内用のジャングルジムは折りたたみがマスト??

我が家では、折りたたみができないタイプのジャングルジムから折りたためるタイプのジャングルジムに代替えをしました。上の写真は実際に最初に購入したジャングルジムです。半年くらいの期間で、折りたためるものに買い替えたのですが、結論から言えば・・・

ジャングルジムは折りたたみ出来るものがおすすめ

です。

我が家はマンション暮らし。お世辞にも広々した住環境とは言えないのですが、折りたたみできないジャングルジムはいざという時に厄介・・・というのも

  • 一度組み立てたらバラすのが大変
  • バラしたら組み立てるのが大変
  • バラさないと部屋から出せない

という難点があったのです。その点、組み立て式は

  • 組み立ても簡単
  • いざという時は折りたたんでコンパクトにできる

ので、急にお友達が泊まりに来る!!とか、ご両親が泊まりに来て場所を開けなきゃいけなくなった!!なんてときでも、必要に応じて折りたたんでしまえば良いわけですね。

折りたためるタイプは、そうでないものよりジャングルジムの部分が少ないので、その点が残念ではあります。登ったり降りたりする場所が減ったら、子供達はつまらなくなるかな?と心配していましたが、その点は大丈夫でした。

むしろ、高さが少し下がったので安定感もでましたし、すべり台やブランコも活躍しています。

何より、折りたたんだ時には36×103×115のサイズに収まってしまうのが魅力的!!

多少の解体作業あ必要なものの、折りたためるのはかなり優秀です。

ちなみに・・・我が家が最初に購入したのは「白いわんぱくジム」

でした。日本製で価格もお手頃。成長に合わせて組み立て変えて高さを上げられるのが魅力でした。

 

シンプルでいいのだけど組み立てが・・・

実際に組み立てるのに説明書を読みながら幼児用に組み立てます。パイプとパイプを連結させるのを説明書にある通りに連結させるのは結構時間がかかりました。(シンプルですが白いパイプとカラフルな連結アイテムは全部バラバラで入っているので・・・)

摩擦抵抗が強く主人のパワープレイに頼っても1時間以上・・・

説明書を紛失したら2度と汲み上げられない気がしました・・・

 

レビューで旦那様がお一人で45分で組み上げたと見かけて、主人が選んだのですが・・・組みあがった後に

45分で組み立てた人すごくない?!

というのが正直な感想。

そして、パイプは全て特殊加工された紙でできているのですが思いの外、重量があるのでネットで購入して、ママが一人で組み立てる!というのは結構大変だと思います。

さて、ではではお次はオススメのジャングルジムです。

2台目に購入したタイプのジャングルジムをご紹介していきたいと思います。

 

おすすめのジャングルジム!ブランコやすべり台付きは子供にウケる?!

ジャングルジムを購入するとき比較してみてポイントとして押さえておきたかったのは

  1. 子供たちが安全に遊べるか
  2. 安定感はあるか
  3. いろんな遊び方ができるか

でした。価格はもちろん気になりますが、安くて危ないものは子供には使わせられませんから、まず条件に合うものを探しました。

そして、置くスペースのこともあるので大きさも重要。

 

上記の写真が実際に購入したものですが、滑り台の位置が本来は反対側にあります。そすることでコンパクトに収まるように設計されているんですよね。我が家では設置場所のカーテンの向こうが窓なので部屋の中心に向けて滑り台を出しています。

このタイプのジャングルジムには

  • ジャングルシム
  • ブランコ
  • すべり台
  • 鉄棒

の機能があります。ボールも1つついてきます。

設置面積は畳2畳分!!これはいい!!

 

充実の遊具!!

ジャングルジムの面積としてはやや小さいのですが、上り下りするにはちょうど良い高さのようです。(我が家は2段目から子供たちがジャンプするので低めで良かったとつくづく思っています。)

ブランコはベルトと背もたれがついています。背もたれの安心感からか、公園のブランコは怖がっていた子供たちも楽しんでくれています。お友達の子供や姪っ子にも大人気です。

滑り台は短めですが、長すぎると横を歩いていて子供が躓いたりしていたのでこれもちょうど良かったかもしれませんね!滑り台とブランコ付きはかなりおすすめです。

このブランコを取り付けているバーとブランコの間に手を挟んだりしないようにカバーがついているのも安心です。そして、このブランコとカバーを外すことで、この場所が鉄棒にと大変身!!

 

 

我が家が双子なので、お外に連れて出歩くのがまだまだ大変ですが、このジャングルジムで自主的に日々鍛えているおかげか、3歳を前に無駄に運動能力がついています(笑)

公園の遊具のハシゴをスイスイ登ったり、長い滑り台を怖がりもせず滑り、ブランコもうまいこと体重移動をして自力で漕ぐ・・・そんな2歳児です。

雨の日でも風の日でも雪の日でも、インフルエンザが流行っていようとも。

お家の中でわんぱくに遊んでくれています。

ちなみに購入したのはこちらのプーさんのキャラ違いでミッキーバージョン。今は販売されていないのか、楽天では見つけられなかったのですが、このタイプですね。

「NONAKA WORLD」のジャングルジムはキャラ違いやカラー違いなどいくつか販売されています。

「ジャングルジム ワールド」で検索されることが多いようで、予測変換に出てくるくらい人気のようですね。

個人的には子供向けの色合いよりインテリアに馴染むものが欲しかったのですが(私ののエゴ・・・)、ネットで探す同じタイプでショップ限定カラーのエレガントな?!ものを発見。

しかもちょっと滑り台が長い!!こっちが良かったーーーーー!!!

色もかわいいし、なんかボールもたくさんついてる・・・!!

水色に黄色と白なんて子供向けとしてもかわいい色合い。

このパステルカラーがめちゃくちゃ好みな私としては、いまパソコンの前で悔しさに打ちひしがれています・・・orz

 

 

店頭で確認してネットで買う!

トイザらスなどの店頭でも置いてあるところが多いですよね。組みあがって展示されていることが多いので、大きさを店頭で確認してネットで購入するのが楽チンです。

お店で買ってあげたいのは山々なんですが、ママ一人ではちょっと持ち帰るの大変・・・いや、パパがいても子供連れての買い物ではかなり大変です。重いしかさばるし

ですので、近くのお店で確認できるとベストかなと思います。

 

さて、ここまで室内用で購入経験をもとにおすすめのジャングルジムをご紹介してきました。ですが、購入の際、購入後に注意したい点や気をつけたい点なども、使用していく中で見えて来たのでお伝えしておきたいと思います。

室内用にジャングルジムを購入する際に注意する点

まず、今回おすすめしたジャングルジムは畳2畳の省スペースで設置できる優れものでしたが、

  • 周りに机や棚などの角ばったのもはないか
  • 設置する場所は平らか
  • 壁や窓ガラスに近すぎないか(ブランコがぶつからないレベルに)
  • 階下に迷惑がかからないか

をチェックしてみてください。

我が家は6畳の洋室の壁と窓際に子供用の厚さ4cmほどあるプレイマットを敷いた上に設置しています。(前に紹介した写真の下に敷いてある茶色いマットです)このマットがサークルのような形にできるので窓ガラスのほうはマットで壁を作ってブランコが当たらないように対策しています。

参考までにこちらのマットです↓

 

さて・・・部屋の中にはいろんなものが置いてありますが、角ばったのもがあると体勢を崩して落ちたりした時に思わぬ事故につながります。できる限り離して置いてくださいね。

*写真では四角い箱が写っていますが普段は別の場所にあります。

 

 

置く場所と住環境

また、フローリングの上に直接置くとジャングルジムが滑ったりして危険ですし、床にも傷がつきます。平らで、下に簡単にずれたり、衝撃が吸収できて床に傷がついたりしないようにマットを敷いてあげるのがおすすめ。多々のみの部屋の場合は畳が痛む恐れがあります。

また、階下・・・要するにマンションで2回以上にお住いの場合は下の方に迷惑にならないかを十分に考えましょう。我が家はマンションの1階なので多少ドンドン音がしても大丈夫です。一軒家も1階に置くぶんにはさほど気にならないと思います。

 

最初のうちはおとなしく遊んでいた子供たちも、大きくなってくればジャングルジムを素早く駆け上り、飛んだり跳ねたりするようになります。もし、マンション住まいであれば、階下の住人に迷惑がかからないように防音や振動の対策もしておきたいですよね。

スポンサーリンク

おわりに

 

いかがでしたか?ジャングルジムの選び方の参考になりましたか?

いざという時には、やはり折りたたみのできるジャングルジムがおすすめです。コンパクトに折りたためるので、急にお泊まりの予定が入ったり、みんなが集まる時には収納できるのが魅力的ですよね。

ブランコやすべり台があることで、子供達も色々な遊びが体験できます。もちろん、設置場所や環境には十分配慮して楽しく室内で遊べるように整えてあげたいですよね。

ジャングルジムを子供のために室内に置くには準備も必要ですが、子供も大喜びしてくれるので是非検討してみてくださいね♪

合わせて室内遊具にオススメなのがトランポリン。良かったらこちらの記事もご参考に!

スポンサーリンク

関連記事

  1. スマホで花火を撮影する方法!ポイント5つで綺麗に撮れる!

  2. お盆玉はいつから始まったの?相場はいくらか知っている?

  3. 双子が産まれる!車選びはどうすればいい?

  4. 妊娠線予防はクリームを塗っても出来る?妊娠線作らない対策方法とは

  5. 小学校で読み聞かせ!高学年へのおすすめはコレに決まり!

  6. 車は決算期の値引きが1番?元ディーラー営業が教える値引きの条件!

  7. 熱中症に良い飲み物の作り方!経口補水液を作ろう!

  8. トランポリン購入体験談!家庭用ならおすすめはコレ!

  9. 赤ちゃんの予防接種はいつから?小児科選びで気をつけること!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP