自動車税の月割り早見表!購入時&還付時の金額は?!

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 1019

自動車を購入するとき、または自動車を手放して還付金を受けるときに、自動車税の月割りの金額が木になるものですよね。

新車購入時には、自動車税、自動車取得税、重量税を支払わなければいけにですし、下取りに出す車の自動車税がいくら戻ってくるのかは気になるところです。

そこで、自動車とは切っても切れない縁を持つ自動車税の月割りの早見表を作成してみました。

  • 新車購入時期による自動車税の月割り早見表
  • 還付により戻る自動車税の早表

 

この2つを現在作成しております。重量税についても今後加筆していく予定です。先に申し上げておきますが、新車購入の際も、還付金の際も、自動車の登録・抹消手続きのタイミングで金額は変わってしまいます。

ですので、あくまで目安という形でご参考にしていただければと思います!

さぁ!もと自動車ディーラーの営業としては腕のなる記事でございます!いざ!!

 

新車購入時に自動車税はいくら払うの?

65aa53fe4d3a47272e71c35db5702d3b_s

 

まず、新車を購入される場合に支払う自動車税には

  1. 購入する車の排気量
  2. 新車の車検証を作成するタイミング

この2つで決まります。

まず、車の排気量ですが、自動車税の金額は現行の法律では排気量ごとの区分となっています。軽自動車、軽貨物に加えて普通乗用車の排気量ごとの区分なんですね。

 

新車購入時に支払う自動車税の金額は、購入の手続きを終えて必要書類などを提出し車検書を作成するタイミングで決まってきます。普通車の場合、車検証を作成するには車庫証明が必要になるのですが、この車庫証明は車体が生産されており、車体ナンバーが打刻されて明らかにならないと取得できません。

 

ですので、新型のプリウスなど、人気があり納車は何ヶ月も先!という車の場合は、註文書欄に書かれた自動車税の金額が変更になる場合があります。年度をまたいでしまえば、追加で支払う可能性もあるし、年度をまたがなければ減額になることもありますね。

以下の表が新車購入時に支払う自動車税の一覧となります。登録月=車検証のできる月と考えてご覧ください。標準課税額というのは、年度が変わるごとに納める自動車税の金額です。

 

標準課税額 1.0ℓ以下 ~1.5ℓ ~2.0ℓ ~2.5ℓ ~3.0ℓ  ~3.5ℓ  ~4.0ℓ  ~4.5ℓ  ~6.0ℓ
 29500  34500  39500   45000  51000  58000  66500  76500   88000
新車登録月  
4月  29500 34500  39500 45000  51000  58000  66500 76500  88000
5月 27000 31600 36200 41200  46700  53100  60900 70100   80600
6月 24500 28700 32900  37500 42500  48300  55400  63700  73300 
7月 22100 25800 29600  33700 38200  43500  49800  57300  66000 
8月 19600 23000 26300  30000 34000  38600  44300  51000  58600 
9月 17200 20100 23000  26200 29700  33800  38700  44600  51300 
10月 14700 17200 19700  22500 25500  29000  33200  38200  44000 
11月 12200 14300 16400  18700 21200  24100  27700  31800  36600 
12月 9800 11500 13100  15000 17000  19300  22100  25500  29300 
1月 7300  8600  9800  11200  12700  14500  16600  19100  22000 
2月  4900 5700  6500  7500  8500  9600  11000  12700  14600 
3月  2400 2800  3200  3700  4200  4800  5500  6300  7300 

 

エコカー減税対象の車を購入された方の場合、購入時には減税が効かないので勘違いをされないように気をつけて下さい。意外と知らない方が多いのですが、エコカー減税の適用は翌年度の自動車税1回が対象です。購入時、または2年目以降は通常の自動車税が課せられますよ。

続いては車を手放すときの自動車税の戻り分についてご紹介します。

 

手放した車の自動車税は戻ってくる?いくらになるのか知りたい!

b92067c89737c78101da6c8911013456_s

まず、下取りや廃車にするために車を手放すとき、支払った税金が戻ってきます。これをコンプ金というのですが、全額返ってくるわけではありませんし、還付されるには条件があります。

それは廃車の手続きをすることです。

廃車には2通りあります。一時抹消永久抹消です。

  • 一時抹消というのはナンバーを外して返納し、一時的に登録を抹消して走れないようにすること
  • 永久抹消というのは登録の抹消とともに、車もスクラップにする正真正銘の廃車

 

例えば、まだ車の価値もある上に走行も可能の場合、または輸出する場合は一時抹消、もう動かすこともできない、もしくはこの先自分以外の誰にもこの車を乗って欲しくない!!というときは永久抹消ですね。

そして、還付金には戻らないケースもあります。それは

  • 3月に抹消登録をする
  • 軽自動車
  • 抹消登録ではなく名義変更

 

気をつけないといけないのは、下取りや買い取りに出した先のディーラーや業者さんが抹消登録ではなく名義変更をする場合です。

 

そういった場合に、良心的な相手であれば、会社から代わりに返金してくれるかもしれません。しかし、そうでないと知らないうちに勝手に名義変更されて、自動車税も返ってこないまま・・・なんてことになりかねません。

ですから、必ず、支払い済みの自動車税に関しては返金してもらえるのかを確認してください。下取りや買い取りの場合は、名義変更をする事を念頭に置いて、自動車税分を上乗せした金額を提示している可能性もあるので、どのような形で返金されるのか、必ず確認したいところです。

 

また、4月に抹消登録をする場合、どうしても1ヶ月分の自動車税を負担して欲しいと言われるケースもあります。

新しい車の納車待ちで、下取りの車を4月もあなたが乗る場合などが当てはまりますね。会社都合で4月納車、なんてときは1ヶ月分支払ってもらう代わりに、その分を値引きしてくれたり、下取り車の金額に色をつけてもらえる事もありますね。

ちなみに、自動車税は、4月を起点にして何月に陸運局で抹消手続きしたかを月末締めで計算しています。同月内でしたら1日に手続きしても31日に手続きしても戻ってくる金額は同じなんですね。月を1日でもまたぐと、戻る金額は少なくなりますよ〜。

以下の表が還付金の金額早見表です。

 

標準課税額 1.0ℓ以下 ~1.5ℓ ~2.0ℓ ~2.5ℓ ~3.0ℓ  ~3.5ℓ  ~4.0ℓ  ~4.5ℓ  ~6.0ℓ
 29500  34500  39500   45000  51000  58000  66500  76500   88000
抹消登録月 
4月 27000 31600 36200 41200  46700  53100  60900 70100   80600
5月 24500 28700 32900  37500 42500  48300  55400  63700  73300 
6月 22100 25800 29600  33700 38200  43500  49800  57300  66000 
7月 19600 23000 26300  30000 34000  38600  44300  51000  58600 
8月 17200 20100 23000  26200 29700  33800  38700  44600  51300 
9月 14700 17200 19700  22500 25500  29000  33200  38200  44000 
10月 12200 14300 16400  18700 21200  24100  27700  31800  36600 
11月 9800 11500 13100  15000 17000  19300  22100  25500  29300 
12月 7300  8600  9800  11200  12700  14500  16600  19100  22000 
1月  4900 5700  6500  7500  8500  9600  11000  12700  14600 
2月  2400 2800  3200  3700  4200  4800  5500  6300  7300 
1ヶ月分の負担額
2400 2800 3200 3700 4200 4800 5500 6300 7300

 

いかがでしたか?還付金の金額の目安になりましたでしょうか?

 

スポンサーリンク

おまけ

ちなみに、中古車の場合ちょっと変わったケースで還付金が手元にこない場合があります。

通常、車を廃車(抹消)した場合、4月1日の時点でその車の所有者が自動車税の還付金を受け取ります。

 

例えば、トヨタの中古車、2リッタークラスの車を7月に購入したとしましょう。この車はすでにナンバーが付いており、トヨタ名義の車検証です。4月1日の時点でトヨタの所有物ですので、当然、自動車税1年分の39600円はトヨタで支払っています。

これを貴方が購入し、名義変更して乗ります。自動車税は7月登録の分から支払うので、註文書には自動車税9ヶ月分の相当額29600円が計上されますね。

ですが、3ヶ月後、貴方は急に海外へと転勤になり車を手放す事になりました。この場合、貴方は3ヶ月しか車に乗っていませんが、自動車税分29600円を支払っています。6ヶ月分返して欲しいですよね。

 

 

ですが、ここがポイントです。

4月1日の時点でその車の所有者自動車税の還付金を受け取るんです。つまり、このまま抹消してもらっても、還付金はトヨタのところへ戻るんです。

 

こういった場合、4月1日の時点での所有者に連絡を取りましょう。還付金相当額を返金してくれるようお願いしないと自動車税の払い損になってしましますからね。

 

 

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. セントパトリックデーのパレードはいつ?2016年の全国の日程!

  2. 小田原の夏!今年の酒匂川花火大会は?2016の日程!

  3. ロープウェイは大混雑?!鋸山の駐車場は無料駐車場を狙え!

  4. おしゃれに決めたい!クリスマスツリーの飾り付けのコツ!

  5. 仮装とコスプレの違いってなに?実は意味が違うて本当?!

  6. 初詣はいつまでに行けば良い?松の内までってどういうこと??

  7. ちゃんと届くの?EMSでアメリカに送った荷物の追跡方法!

  8. 今年のディズニーハロウィン!2016年はいつから?確実に参加する方法!

  9. 就活向けのメイク方法は?パーツ別おすすめ色とNGポイント!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP