双子を妊娠する確率とは?人種による差があるって本当?

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 57

双子と聞くと遺伝的なものと思っていませんか?私は双子を授かってからというもの、「家系に双子がいるの?」と必ず質問されますが、私の家系には双子はいません。なぜ双子と聞くと遺伝的な要素だと思われるんでしょうね。

そこで、今回は双子を妊娠する確率と、人種による双子妊娠の差があると聞いたのでそのことについて書いてみようと思います。我が家の双子は二卵性の男児ですが、妊娠の確率では二卵性の方が少なく、そもそも、日本人は遺伝子的に見ても双子は多くないんだそうですよ。

双子の妊娠の確率を見ると、狙ってどうにかなるものではないと思いますが、日本でも年々双子のが増えているそうです。その背景には「不妊治療」があるということもわかりました。

 

双子・多胎の妊娠の確率

一口に双子の妊娠の確率といっても、人種による違いや卵生による違いがあるということがわかりましたので、分けて書こうと思います。また、年々双子の妊娠が増加傾向にあるそうですが、その理由についても書きました。

171608

人種による割合

双子や多胎児の妊娠は、本来日本人には多くないそうです。外国では双子や三つ子が割といるイメージを私は持っているのですが、それもそのはず。日本人に比べ、多胎妊娠の割合が多いそうです。遺伝子的に差があるそうで、割合でいうと、黒人→白人→黄色人の順番だそうです。

そもそも、双子の妊娠の場合、体格の良い方が比較的リスクが少ないという話を聞いたことがあります。私は身長 163㎝ですが、37週で予定帝王切開をするまで管理入院もせず、子供たちもお腹の中で2500gを超えるほどしっかり育ってくれていました。

手術の前の検査で、歩いて検査室まで行くと付き添いの看護師さんからこう言われたのです。

「ママは管理入院もせず、よくここまで元気で何事もなくこれたね。まだ歩いても大丈夫だし、お腹の中の子たちも元気そうで大きく育っているし、双子のママにしては奇跡的なレベルよ!身長もけっこうありそうだし、体格が良かったのかもしれないわね」

と。小さなママだと、胎児の重みで負担が余計にかかるし大変なんだそうです。私が読んだ本には、アフリカのナイジェリアでは20の出産のうち1組が多胎妊娠だということも書かれていました。日本人に比べ、黒人、白人は多胎妊娠の割合が多いというところから考えても、体格骨格的に彼女らの方が恵まれていますからね。

一卵性と二卵性の確率

双子には一卵性双生児と二卵性双生児がいますよね。排卵された1つの卵子が1つの精子と受精した後に2つに分かれる一卵性と。一度に複数の排卵があり、複数個の受精卵となって子宮の中に着床した場合に多胎妊娠となります。双子以上になると、一卵性と二卵生の組み合わさったケースもあるそうです。

排卵の数が多いというのは少なからず体質があるそうで、母親側の遺伝的な素因によって起こるといわれているそうです。妊娠・出産後に「家系に双子がいるの?」と聞く人がいるのは、これが理由なのでしょう。私の場合、自然妊娠で二卵生双生児(今の所そう言われたのそうなのだと信じています)なので、排卵が多かったようです。自身の家系には双子は初めてですが、体質や遺伝ということであれば、そういう体質なのでしょう。

一卵生の双子は偶然によるものと考えられ、ほぼ一定の1000分の4の確率という出産率だそうです。しかし、二卵性の双子は1974年では1000分の2の出産率で、一卵性の半分だったそうです。現在は不妊治療の影響もあってか、ごくわずかに増えてきたようです。改めて、自然妊娠で二卵性の双子を授かった身としては、宝くじでも買っておくんだったと思うくらいの奇跡です。

スポンサーリンク

昨今の双子増加傾向の理由

日本人は本来でいうなら多胎妊娠自体少なめなのですが、1975年から始まった注射による排卵誘発剤を使用した不妊治療が始まり、その後1983年から始まった体外受精をきっかけに年々増加傾向にあるそうです。今や不妊治療は若くてもしているご夫婦もいますし、排卵誘発剤による多胎妊娠が増加傾向にあるのは理解できます。

3つ子・4つ子も体外受精の治療が始まってから増加の傾向にあったそうですが、1996年に日本産婦人科学会から、体外受精度母体に戻す受精卵の数を3個以内に制限する勧告が出されたことで3つ子・4つ子の数は減っているようです。

自然妊娠では人種で言えば一番少ない種ではありますが、昨今の不妊治療の影響で双子や多胎児が増えている傾向にあることもまた事実なんですね。

 

最後に

d996e20fe43997234329aabee15af2f5_s

簡単に書き出してみましたが、双子を妊娠する確率は「人種と遺伝と偶然と不妊治療」に関わるということがわかりました。改めて、確率で言えば黒人種の方で母方に排卵の多い遺伝子を持った方が、一番自然に妊娠の確率が高いといえそうす。

一卵性は1000分の4の確率、二卵性は1000分の2の確率です。1000分の2の確率で授かった我が子ですから、今一度、気を引き締めて愛情を注ぎたいと思います。

日本人は双子の妊娠の確率は他の人種の方よりも少ないですが、日本でも双子や三つ子が増えている理由としては、不妊治療にあるということもわかりました。排卵誘発剤を使用して故意的に双子を妊娠するなんてことは許されるべきではないと思いますが、治療の末に双子を授かったのであれば、間引くという選択もしてほしくありません。

双子の妊娠も出産も育児も、「双子ってかわいいよね」で済まされないくらい大変です。自分の時間なんてなくても構わない、文句も言わない!!絶対に!!というくらいの覚悟でいてほしいと思います。実際は、手を抜けるところは手を抜いたり、誰かに助けてもらうこともあります。

お散歩や買い物に出かければ、道行く人から声をかけてもらうこともありますし、双子が並んで寝ていたり一緒に遊んでいたりする姿はとても愛おしいですが、生ぬるい考えだときっと発狂します。良い意味で責任感と適当さがあれば、かわいい我が子として双子はこの上ない幸せを味あわせてくれますけどね♡

スポンサーリンク

関連記事

  1. 双子の名前!男児?女児?ポイントを実体験をもとに紹介!

  2. 双子にまつわるあるあるネタ!二卵性のあるある体験!

  3. 双子の胎児の成長には差がつきもの?不安になりすぎないで!

  4. 双子妊娠中は仕事をいつまで続ける?気をつけたいこととは!

  5. 双子の妊娠っていつわかるの?双子のタイプで変わるリスクとは?

  6. 双子でも管理入院なしで出産できる?管理入院の条件って?!

  7. 双子ママの仕事復帰はいつから?知っておきたいサービスはこれ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

PAGE TOP